ニュース&トピックス
エアウィーヴのニュース&トピックスをお届けします。



スタンフォード大との共同研究「Scientific Reports」に掲載ー睡眠の質がメダルの色を変えるー
投稿日:2020.07.28
プレスリリース

 株式会社エアウィーヴ(東京都中央区、代表取締役会長兼社長:高岡本州、以下「エアウィーヴ」)が「睡眠負債」の提唱者でもあるスタンフォード大学医学部教授の西野精治氏と行った共同研究が、7月16日付でネイチャー・リサーチ社が発刊するジャーナル「Scientific Reports」に掲載されましたので、ご報告いたします。

 本研究は、米国のIMGスポーツアカデミー※1にて実施され、異なる寝具を使った睡眠後の運動パフォーマンスを計測しました。本研究により、「エアウィーヴで寝ると運動パフォーマンスが上がる」ことが科学的に証明されました。

 スタンフォード大学との先行研究で、エアウィーヴで寝ると、低反発マットレスで寝たときに比べて、入眠時の深部体温が下がり、深い睡眠を得られることがわかりました。※2 本研究ではさらに、エアウィーヴでの睡眠が運動パフォーマンスを向上させるかについて検証を行いました。具体的には、若年男性を対象に、"エアウィーヴと低反発マットレスパッド"もしくは"エアウィーヴありとエアウィーヴなし"で眠ったときを比較し、高反発マットレスが運動パフォーマンスに与える影響を調べました。その結果、2013年~2014年にかけて(以下「研究Ⅰ」と記載)と、2014年~2015年にかけて(以下「研究Ⅱ」と記載)の2回ともに、エアウィーヴで寝た後の方が計測した運動パフォーマンス種目(40m走・立ち幅跳び・スタードリル)の数値に向上の傾向が見られました。また、研究Ⅰでは40m走、研究Ⅱではスタードリルのタイムが有意に短縮していました。

図1.png

※1 米国フロリダ州にある寄宿学校・スポーツトレーニング施設。アスリートの養成において世界的に有名で、錦織圭をはじめ多くのトップアスリートを輩出している

※2 出典: High rebound mattress toppers facilitate core body temperature drop and enhance deep sleep in the initial phase of nocturnal sleep.PlosOne, 13, e0197521, 2018

◎エアウィーヴ 睡眠ラボ
『寝具の違いは運動パフォーマンスに影響するのか?』
睡眠後の運動パフォーマンスを比較 >>https://airweave.jp/labo/



●「Scientific Reports」について
「Scientific Reports」は、ネイチャー・リサーチ社が発行するオープンアクセス型のジャーナルです。自然科学と臨床科学のすべての領域から独自の研究を公開しており、世界で7番目に引用されているジャーナルです。

●論文掲載URL
Evaluations of effects of sleep surfaces on athletic performance in youth
>>www.nature.com/articles/s41598-020-68795-5


★詳しくは、プレスリリース(本文)をご覧ください。

エアウィーヴのおすすめコンテンツ

  • 掲載事例
  • ムービーギャラリー
  • ホテル一覧
  • 取扱い店舗一覧
エアウィーヴ
公式アカウント

ニュース&トピックスエアウィーヴのニュース&トピックスをお届けします

スタンフォード大との共同研究「Scientific Reports」に掲載
ー睡眠の質がメダルの色を変えるー

投稿日:2020.07.28

プレスリリース

 株式会社エアウィーヴ(東京都中央区、代表取締役会長兼社長:高岡本州、以下「エアウィーヴ」)が「睡眠負債」の提唱者でもあるスタンフォード大学医学部教授の西野精治氏と行った共同研究が、7月16日付でネイチャー・リサーチ社が発刊するジャーナル「Scientific Reports」に掲載されましたので、ご報告いたします。

 本研究は、米国のIMGスポーツアカデミー※1にて実施され、異なる寝具を使った睡眠後の運動パフォーマンスを計測しました。本研究により、「エアウィーヴで寝ると運動パフォーマンスが上がる」ことが科学的に証明されました。

 スタンフォード大学との先行研究で、エアウィーヴで寝ると、低反発マットレスで寝たときに比べて、入眠時の深部体温が下がり、深い睡眠を得られることがわかりました。※2 本研究ではさらに、エアウィーヴでの睡眠が運動パフォーマンスを向上させるかについて検証を行いました。具体的には、若年男性を対象に、"エアウィーヴと低反発マットレスパッド"もしくは"エアウィーヴありとエアウィーヴなし"で眠ったときを比較し、高反発マットレスが運動パフォーマンスに与える影響を調べました。その結果、2013年~2014年にかけて(以下「研究Ⅰ」と記載)と、2014年~2015年にかけて(以下「研究Ⅱ」と記載)の2回ともに、エアウィーヴで寝た後の方が計測した運動パフォーマンス種目(40m走・立ち幅跳び・スタードリル)の数値に向上の傾向が見られました。また、研究Ⅰでは40m走、研究Ⅱではスタードリルのタイムが有意に短縮していました。

図1.png

※1 米国フロリダ州にある寄宿学校・スポーツトレーニング施設。アスリートの養成において世界的に有名で、錦織圭をはじめ多くのトップアスリートを輩出している

※2 出典: High rebound mattress toppers facilitate core body temperature drop and enhance deep sleep in the initial phase of nocturnal sleep.PlosOne, 13, e0197521, 2018

◎エアウィーヴ 睡眠ラボ
『寝具の違いは運動パフォーマンスに影響するのか?』
睡眠後の運動パフォーマンスを比較 >>https://airweave.jp/labo/



●「Scientific Reports」について
「Scientific Reports」は、ネイチャー・リサーチ社が発行するオープンアクセス型のジャーナルです。自然科学と臨床科学のすべての領域から独自の研究を公開しており、世界で7番目に引用されているジャーナルです。

●論文掲載URL
Evaluations of effects of sleep surfaces on athletic performance in youth
>>www.nature.com/articles/s41598-020-68795-5


★詳しくは、プレスリリース(本文)をご覧ください。

おすすめコンテンツ

  • 掲載事例
  • ムービーギャラリー
  • ホテル一覧
  • 取扱い店舗一覧
睡眠の質を高めるマットレスパッド「エアウィーヴ」 HOME ニュース&トピックス
スタンフォード大との共同研究「Scientific Reports」に掲載ー睡眠の質がメダルの色を変えるー